【姉妹(おろち)・楳図かずお】肉親でも許さない【感想・レビュー】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ホラー・サスペンス

 人間というものが嫉妬でどれだけ変貌してしまうか見たくはありませんか?

 楳図かずお先生の姉妹(おろち・第一話)では、仲良しの姉妹がお互いへの嫉妬をこじらせてしまい、行くところまで行ってしまう様が描かれています。

姉妹(おろち)の見どころ
  • おろちがかわいい
  • 美人姉の変貌
  • 妹の計画的な優しさ
おすすめ度4.5
おろちのかわいさ4.5
人間の怖さ5.0
美人の変貌4.0

美人姉妹が互いを嫉妬して破滅する、という話だよ。

おそれ」の別プロットを流用したんだって。

おろち(ヒロイン)がかわいい

 本のタイトルにもなっている「おろち」は女主人公の名前。ウェーブ気味のセミロングにクリっとした瞳の美少女です。

 ですが、おろちの魅力は見た目よりむしろ中身にあります(私個人の意見です)。

 「姉妹のことなんかどうでもいい」とかツンツン言いつつ、翌日には「二人が老人になるまで一緒にいてもいい」と、光速でデレます

 また姉の部屋から叫び声が聞こえるやシュバッて行き、ドアの前で邪魔だった妹をぶん殴ってどかし、鍵がかかっているとやっぱりぶん殴ってこじ開けます

 見かけによらず脳筋思考・直情径行、そしてツンデレなところが彼女をより魅力的に感じさせます。

鍵のかかったドアを殴って開けちゃうんだ…。

超能力で開錠できるんだけどね。焦っていたのかな?

美人姉の変貌

 美人姉妹二人は18歳になると醜く変形してしまうという謎の呪いを受けています。序盤ではこの呪いを怖がりつつも、二人は仲良しこよしで過ごしていました。

 ところが妹から姉に「母親からの遺言」なるものを伝えると関係が一変

 姉によるDVの嵐。妹を地面に叩きつけ「ちくしょう!ちくしょう!」と絶叫します。セルかな?

 

 心の支えだった男性にも暴力や暴言を浴びせるようになり、人はこんなにも変わるものなのか、と思わせてきます。

運命共同体だと思っていた妹に裏切られた心境だったんだね。

ぶるぁぁぁぁぁ!

妹の計画的な優しさ

 作中の雲行きが怪しくなったのは、妹が姉に母親の遺言を伝えた時です。遺言を聞いた姉は人が変わってしまい、DVが人の皮をかぶったような存在になってしまいます。

 実はこの時、もう一人変貌した人物がいます。妹です。姉によるDVの嵐を受けようが「自分が悪いのです」と、ひたすら暴力を受け続けます

 これを見た周囲の人間は「妹は心優しい人。それに比べて姉の方は…」などと言いますが、そのことがさらに姉の怒りの炎を焚きつけます。

 しかし、これらは妹の計画的な優しさでした。「18歳になった時、自分は破滅する。なのに姉だけは無事だなんて…。絶対に許さない!」 妹の過剰なまでの優しさは姉を自滅させるための罠だったのですわよ。

姉も怖いけど…。えぇ…、妹やばくない?

どっちも怖くてやばいね

まとめ

 以上、楳図かずお先生の姉妹(おろち・第一話)でした。

 もともとは百合と見紛うほどに仲の良かった二人ですが、お互いの嫉妬によりその関係は粉々に砕け散ります

 「嫉妬は破滅への道。百合も例外ではない!」そんなメッセージが垣間見える作品でした。

姉妹(おろち)の見どころ
  • おろちがかわいい
  • 美人姉の変貌
  • 妹の計画的な優しさ

嫉妬は怖いねぇ~。



コメント

タイトルとURLをコピーしました