【亡霊学級】各話あらすじ:つのだじろうのホラー短編集

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

つのだじろう 亡霊学級 ホラー・サスペンス

 シンプルなホラー体験を、したいと思うことはありませんか?

 できます

 そう、つのだじろう先生の亡霊学級ならね

 亡霊学級はホラー話、五作品を収録した短編集。恐怖新聞連載のきっかけにもなった、気合の入った作品です。どの物語も逸品ぞろい。

 きっとすてきなホラー体験ができるでしょう。

面白かったところ
  • 王道展開のホラー
  • グロ絵が、迫力ある
イマイチなところ
  • 意外性とかはない

1.ともだち

あらすじ

 新しい学級委員に石原と三田さんが選ばれた

 放課後、理科実験室でおしゃべりする二人。

 途中、三田さんがおいしいものでも食べよう、と言って取り出したのは解剖実験用のカエル。彼女は手慣れたふうにカエルの皮をはいで、石原に差し出してきた。

 「どうぞ!ナマのまま食べるのがいちばんおいしいわ!

 三田さんは、そう言ってカエルにかぶりついた。

登場人物

三田さん
 クラス一の美人で、勉強もできる優等生。しばしば記憶が飛ぶのが玉にキズ。

石原
 顔も勉強も、並の中学生。三田さんと学級委員になれたのに、全くうれしそうじゃない。ホモかな?

守部八重子
 ヤンデレ系幽霊。男子を友達に誘うも、振られると呪い殺してくるヤバいやつ。生前はボッチを苦に自殺している。

カエル、うめぇっ!

2.虫

虫

あらすじ

 二年A組の青野は昼食のとき、いつも弁当箱を隠しながら食べていた

 いじめっ子の山田は青野の弁当の中身が気になり、中を見せるよう強談。

 「相手がきみならいいだろう…

 青野はそう言うと、山田の口の中におかずを一つ入れた。

 山田がそれをかんだとたん、ブチっ!!という音と、生臭いニオイが口いっぱいに広がった。

 その場で吐き出す山田。

 口の中に入っていたのはアゲハチョウの幼虫。青虫だった

登場人物

青野
 ぽっちゃり系男子。小学生のころから山田にいじめられている。復讐の機会をうかがっていた。

山田
 青野のクラスメートで、いじめっ子。女子のことを”焼き豚”呼ばわりする失礼な奴。

焼き豚はあかん。

3.水がしたたる

プール

あらすじ

 水野先生は、きれいな黒髪ロングヘアーを持つ、人気の先生。美人で優しく、生徒や同僚の先生たちからも信頼されている。

 その日も、いつも通りの授業が行われる。

 が、気づいたら水野先生の姿はなく。黒板の前には、水たまりができていた。

 その後、実は水野先生が行方不明になっていることが判明。

 それから五日後、学校のプールから水野先生の水死体が発見される

登場人物

水野先生
 中学校の先生。生徒思いの人物で、その愛情は亡くなってからも変わらない。たくさんの生徒にトラウマを負わせる。

小学生
 近所に住む小学一年生。放課後に学校のプールで遊ぶも、おぼれてしまう。水野先生に救助されるも、先生は溺死。両親に叱られるのを恐れ、黙っていた。

水泳部員
 水泳部所属の中学生。水泳大会でいいところを見せようとするも、一生もののトラウマを負う。

誰も幸せになってない…。

4.手

あらすじ

 旧校舎の汲み取りトイレには怪談があった

 用を足しているとトイレの中から手が出てきて、中に引きずり込まれるという。

 二年三組中島は生まれつき胃腸が弱く、しばしば旧校舎の汲み取りトイレに行っていた。

 クラスメートの熊本はからかってやろうと思い、トイレの外に待機。そして中島がトイレの個室に入ると、お化けの被り物をつけ、窓からのぞき込む。

 「うぁあああ

 中島の叫び声が聞こえる。が、間もなく声がやみ、静かになる。

 熊本はトイレの中を見るが誰もいない。きっと窓から出ていったに違いない。そう言って熊本は帰宅する。

 しかし、翌日、中島が行方不明になっていることを担任から知らされる

登場人物

中島
 胃腸の弱い中学生。トイレの怪談を聞いたときには、心底イヤな顔をしていた。

熊本
 中島のクラスメート。中島が姿を消すや、トイレに落ちたのかもと思いいたるも放置。のちに天罰が下る。

ウンコを笑うものは、ウンコに泣くのさ!

5.猫

クロネコ

あらすじ

 ある一軒家で火災が発生。その家で暮らしていたおばあさんと、ペットの猫数匹が亡くなってしまう。

 それ以来、焼け跡にはたくさんのノラネコガ住み着くようになった。

 ある日、学校帰りの少年は焼け跡で寝転んでいるクロネコを見つける。亡くなったおばあさんが特にかわいがっていた猫らしい。

 少年はクロに石を投げつける。クリティカルヒット!

 クロはそのまま死んでしまう。

 後ろめたい気持ちで帰宅する少年。と、妹が黒い毛並みの子猫を連れてきた。

 焼け跡で見知らぬおばあさんから、もらったのだという…

登場人物

少年
 近所に住む小学生。お猫さまに、石を投げつけるという非道をなす。改心したので許された。

クロ
 おばあさんに可愛がられていたクロネコ。少年のいたずらにより、命を落とす。

おばあさん
 猫好きなおばあさんで故人。愛猫を殺害した少年を改心させるため、夜にそっと布団に忍び込む。

おばあさんの添い寝が、一番のホラー。

ホラーとは…?

感想

 一話20p~40pながらも、ちゃんとホラーしていて読みやすい

 ストーリーが王道的展開なので、先が予想しやすい。これを”ひねりがない”と思うか、”王道的ホラーでよい”と思うかで評価が変わりそう。

 怪談や都市伝説が好きな人には、刺さると思う。

 水がしたたるや手では、グロ目の死体も登場。虫では別ベクトルのグロ絵も出てくるので、苦手な人は注意です。

まとめ

 以上、つのだじろう先生の亡霊学級でした

 学校を舞台にした、ホラー短編の珠玉集。つのだ作品が好きな人はもちろん、シンプルなホラーが好きな人も楽しめる逸品です。

¥600 (2024/05/25 16:11時点 | Amazon調べ)


コメント

タイトルとURLをコピーしました