【水がしたたる!(亡霊学級)・つのだじろう】先生(亡霊)の愛が重い!

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ホラー・サスペンス

 今回はつのだじろう先生の「亡霊学級」に収録されている「水がしたたる!」がテーマです

 亡霊学級はつのだ先生の代表作・恐怖新聞が連載するきっかけになった作品です

 その中でも「」と並んで人気の高い「水がしたたる!」をご紹介します。

水がしたたる!の見どころ
  • 都市伝説的な古典的ホラー
  • やけにグロい、先生の水死体
  • 死んでなお生徒を守る先生の愛
おすすめ度4.5
グロい5.0
古典ホラー5.0
先生の献身4.0

うしろの百太郎恐怖新聞は知っているけど、これは知らないなぁ。

亡霊学級は短編5作からなる作品だよ。雑誌で不定期掲載したところ大人気になって、恐怖新聞連載につながったんだ。

都市伝説的なホラー

 舞台は某中学校のプール

 そこでは勝手にシャワーから水が出たり、泳ぐと髪の毛がまとわりついたりという怪現象が起こります。

 そこを主人公が「そんなことあるはずがない!」と、フラグを立ててプールに飛び込みます

 …なんというか、古典的な怪談ですが一周回って新鮮に感じる不思議があります。

おいら、この記事が終わったら結婚するんだ。

(こいつ死んだな・・・)

グロテスクな水死体

 つのだ先生による渾身の水死体が作中に登場します

 これがまたグロい

 大人でも「グロいなぁ」というレベルなので、子供が見たら夜寝れなくなります。お子さんのいる家庭は注意!

子供にはトラウマものだよ。

文章でも「ガスでパンパンに膨らんで~、手の皮がズルっとむけて~」といった具合に攻めてくるよ!

亡霊(先生)の目的は生徒を守ること?

 作中の亡霊は子供を守ろうとして亡くなった先生です

 生前は生徒思いの優しい先生として慕われていました。

 そんな先生がなぜ?と、物語の最後で実は生徒を守ろうとしていたんじゃないか、ということが書かれています。

 守られた子供は間違いなくトラウマになるでしょうが、死んでなお生徒思いの先生なのです

うぅ、優しい先生だよぉ。

守られた子供は一生ものの傷を負うけどね

まとめ

 以上、つのだじろう先生の亡霊学級・水がしたたる!でした

 怪談物として完成度が高く、言うことなしの傑作です。

 水がしたたる!自体は短編作品なので、手軽に恐怖が味わえる逸品になっています。

水がしたたる!の見どころ
  • 都市伝説的な古典的ホラー
  • やけにグロい、先生の水死体
  • 死んでなお生徒を守る先生の愛

恐怖新聞にも劣らない傑作ホラーマンガだよ。

¥600 (2024/05/25 16:11時点 | Amazon調べ)



コメント

タイトルとURLをコピーしました