【半魚人・楳図かずお】今日は半魚人を作ります!【あらすじ・感想】

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ホラー・サスペンス

 心の持ちようが外面に現れた時、人はそれを異形と呼ぶ。そんな物語に興味はありませんか?

 楳図かずお先生の半魚人は、海面上昇により地球が水没することを、恐れた主人公の兄が半魚人化

 そして兄は「人類を救うため」と称して、他人に半魚人化手術を行うという、クソ迷惑な行動に出る。

 その行為は実の弟にも及ぼうとしていた…

面白かったところ
  • じわじわと魚人化する兄の変貌
  • 手作り半魚人が怖い
イマイチだったところ
  • 序盤の絵柄がなんか変?

今日は、人間を使って半魚人を作るよ

えぇ…。

マジやぞ

概要

あらすじ

 今作の主人公・次郎

 ある日、兄から妙な相談をされる「このごろへんなんだ」と言って見せてきたのは、ギザギザにとがった自分の歯。まるで魚のような…。本人も気にしているのか、ほかの人には言わないよう口止めしてくる。

 しかし、歯は日に日にとがっていき、ショックを受けた兄は引きこもり状態になってしまう。

 そしてある雨の日、兄は「水…。」と言って車で外出。しばらくして帰ってくるのだが、口からは血を滴(したた)らせ、頭にはワカメを乗せている。おまけに次郎を見るなり、ぶん殴ってくる。性格が変わってしまった?

 さらに日が経つと、目が魚のようなギョロ目になり、体にはウロコまで生えてくる

 さすがにアカンと思った次郎は、車で出かける兄をこっそり尾行。到着したのは海。兄は服を脱ぎ捨て、すっかり半魚人と化してしまった体で海にダイブ。そのまま泳ぎ回り、魚を捕まえて食べていた。

 戦々恐々の様(さま)で帰宅する次郎。兄も帰ってくるが「話したいことがある」と呼び出しを喰らってしまう。

 「ゆうべはとんでもないところを見たな。殺してしまうつもりだったがとてもできなかった…。おれたちはこれでおわかれだ。次郎おれのことは忘れてくれっ

 兄はそう言って弟の前から姿を消してしまった

半魚人化して、一番苦しんだのは兄さんだね。

最後の理性で、弟から距離を取ったんだ。

に、兄さん…。

登場人物

次郎
 主人公の少年。次郎という名前だが、上着に「2」とは書いていない。好奇心は猫をも殺す、を地で行く性格。なお、死んだのは自分以外の模様。兄に似たイケメン、食べちゃいたい


 次郎の兄。運送会社で働いている。弟からも慕われるイイ男だが、初登場時点でなんかおかしい。半魚人と化した後も、彼なりの正義感で動いているが迷惑でしかない。

健一
 次郎の友人。彼からも慕われるイケメン。次郎兄弟の問題に立ち入ったがために、人生を棒に振ることになる。

物語の内容

半魚人

半魚人化した理由とは…

 次郎は海辺に座り、兄のことを考えていた。

 と、イケメン友人・健一が心配して声をかけてくる。兄のことを聞いた健一は、父親が半魚人について研究しているので紹介するという

 次郎は健一の自宅へ行き、彼の父親から話を聞く

 いわく、温暖化により地球は海ばかりの星になってしまう。それを本能的に察した一部の人間は、生き残るために魚になろうとしている。…らしい。

 父親は資料を取りに部屋を出る。と間もなく、父親の悲鳴がこだまする。

 次郎と健一が急いで駆けつけると、父親は普通に突っ立っていた。

 しかし、様子がおかしい。すぐ横には青い血とウロコが落ちている

 怪しいってレベルじゃねーぞ!

 次郎は一度帰宅するものの、間もなく健一が行方不明になってしまう。どう考えても父親が怪しい。

 次郎は健一の家に忍び込む

 と、健一は水の入った巨大な水槽に閉じ込められていた

 「水中に長時間いる訓練をするのだ。」

 そこにいたのは、兄だった

 が、兄の様子がこれまたおかしい

 「わしは健一の父おやだ。」

おれは半魚人になったと思ったら父性に目覚めていた。

な、何を言ってるのかわからねーと思うが、おれも何があったのかわからなかった。

…?

半魚人を作ってみた!

 兄は書類を手に取り、地球が温暖化により水没してしまうことを説く。

 「さかなにならなければみんな死んでしまう。健一を半魚人にしてたすけるのじゃ。」

 そう言うと、持っていた小刀で健一の口を大きく切り裂く。さらに瞼(まぶた)を切り取り、次は指を裂いて水かきを作り出した

 「だいぶ半魚人らしくなった。あともうすこしだぞ。」

 そう言って、兄はいったん部屋を出る。

 次郎はそのスキに健一を拘束から説くのだが、様子がおかしい。

 健一は「水…。」といつかの兄のようなことを口走り、次郎のことを全く分かっていない。

 と、兄の気配を感じた次郎は、健一を別室に避難させる入れ違いで部屋に入ってくる兄

 そして次郎を見るや、

 「ややっ、もとどおりになっている。もう一回手術のやりなおしだ。」

 そう言って、小刀を弟の口に向ける兄

 「もうだめだっ

 次郎が観念したその時、別室のドアが開いた

 そこにいたのは半魚人

 ウロコと背びれを生やした健一の姿だった

人間で半魚人を作れ。

出来らぁっ!

本当に出来てどうすんねん!?

感想:見た目が変われば中身も変わる?

 日に日に体と心が半魚人化していく兄。人の心がまだ残っているうちに、別れの言葉を残して弟の前から姿を消す

 そして次に現れた時には、何故かクラスメートの父親を自称し、改造手術を施していた

 いやあ、登場人物二人が徐々に半魚人化していく様(さま)は、なかなか怖いものがありますね。

 そして地味に怖いのが、外面が異形化していくのと同時に、内面も怪物化していくこと。

 いや、そもそもは「地球が水没しちゃう、魚にならなくちゃ!」というのが、きっかけだから内面→外面でしょうか?

 どちらにせよ、片方がもう片方に著(いちじる)しい影響を与えてしまう。それはもう異形なわけで

まとめ

 以上、楳図かずお先生の半魚人でした

 物語は、次郎が兄から奇妙な相談を受けるところから始まる。

 兄は鋭い歯が魚のように変化しており、その変化は日に日に進行。ついに兄は半魚人となり、次郎の元から出奔(しゅっぽん)。

 兄は再び姿を現したとき、なぜか健一の父親を自称している。そして息子を助けるために、半魚人に改造するという。

 内面(あるいは外面)が、もう一方に影響を与えて…

 という、楳図先生らしい作品でした



コメント

タイトルとURLをコピーしました