楳図かずお【赤ん坊少女】あらすじ:怪物・タマミの正体とは?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

赤ん坊少女 楳図かずお ホラー・サスペンス

 自分の容姿にコンプレックスを抱く少女が、そのうっぷんを周囲に発散させた結果、容姿だけでなく心までが醜(みにく)くなり悲惨な結末を迎える…

 そんな物語に興味はありませんか?

 楳図かずお先生の赤ん坊少女は、まさにそんなお話

 タマミは自分の醜い容姿にコンプレックスを抱いていた。

 それでも、母親からは愛情を注がれて育ち、幸せな日々を過ごしていた。

 ところがある日、美しい容姿を持つ妹ができ、タマミのコンプレックスを暴走させる。

 妹に対し、激しいいじめを行うも、待ち受けていたのは悲劇的な結末だった…。

タマミは12才になっても赤ん坊の姿をした女の子だよ。

面白かったところ
  • タマミの心理描写が良い
  • タマミと父親のどす黒いやり取り
イマイチだったところ
  • タマミのいじめがひどい
  • 高也の口が悪すぎる

父親がとてもゲスイんだ!

概要

あらすじ

 主人公・葉子は生まれた直後に両親と生き別れて、辛い日々を過ごしてきた

 が、両親の捜索もあって、12年ぶりに親子が再会。葉子は両親の家で同居することになる

 優しそうな両親に、ばあや。

 「やっとしあわせになれるのだわ…

 ところが、ある夜。葉子のもとに謎の赤ん坊が現れる。

 それを見てうろたえる父親。

 「そっそれは、タマミ。わたしがよその施設へやったはずの子

 「生まれたままで、ちっとも大きくならないのだ

 見た目は赤ん坊だが、実は12才で葉子の姉なのだという。葉子と家族は怒り心頭な父親をなだめ、これからはタマミも同居することになる。

 しかし、父親の様子がおかしい。

 「恐ろしい…。いつまでもこのままにはしておけん。いつか必ず…

登場人物

葉子
 今作の主人公。両親と生き別れて色々と苦労してきた。美しい容姿の持ち主だが、それが原因でタマミからいじめを受ける。終盤には生命まで狙われてしまう。生粋(きっすい)の苦労人

タマミ
 今作の悪役で、葉子の姉。見た目は赤ん坊だが、12才の女の子で普通にしゃべれる。自分の醜い容姿にコンプレックスを抱いているが、前髪を短くそろえて顔を出すなど、アグレッシブな性格

父親
 葉子とタマミの父親。タマミのことを憎んでいるゲス男。タマミが施設から帰って来るなり、彼女の生命を狙うようになる。今作で一番残酷なのはタマミではなく、間違いなくこの父親

高也
 ばあやの孫で、今作の王子さま。そしてゲス男。一見さわやかイケメンだが、タマミに対しては想像を絶するほどの毒舌。悪意がない分、たちが悪い

タマミはどうして葉子に嫌がらせをするの?

彼女は自分の容姿にコンプレックスを持っているんだ。

だから美しく成長した葉子に嫉妬心を燃やしているんだよ。

物語の内容

タマミVS父親

 葉子はタマミの面倒を見るようになる

 が、憔悴(しょうすい)していた

 タマミがスキあらば泣きだすので勉強ができず、眠ることもできない。

 そしてある日、葉子は階段から転げ落ちてしまう。階段には大量のビー玉が置かれていた。

 父親が心配して駆けつけてくれる。と、別室からタマミの笑い声が聞こえてきた。

 「はははははは、ふふふふ

 それを聞いた父親がブチギレる。

 「くそっあいつ。あざわらっているなっ、もうがまんならんっ

 そう言って足早に姿を消す父親。

 しばらくすると、大きな箱を持って帰ってくる

 そして、その箱をゴミ捨て場に捨てた

や、やりやがった!

父親の失踪

 翌日、タマミが家からいなくなっていた

 葉子は捨てた箱の中身が気になりつつも、穏やかな日々を過ごす。

 が、数日後にタマミが帰ってくる。

 そして今度は父親が家からいなくなってしまう。

 以降、タマミは主人ヅラし、葉子に対して様々ないじめを行うようになる。葉子は、そのいじめを耐え忍んでいく。

 が、ばあやの方が先にキレる。

 「タマミさまは悪魔です。かたちだけではなく、心まで恐ろしい悪魔です」とまで言い放つ。

 そして、ばあやの孫・高也が屋敷にやって来る

タマミは周囲からヘイトを買いすぎだよ。

美しさは暴力

 高也はさわやかイケメンの高校生

 タマミと初めて出会うや、彼女を抱きかかえて

 「とてもかわいいですね」と、さわやかな対応を見せる。

 が、タマミがいなくなるや

 「ずいぶん、うす気味の悪い赤ちゃんだね。抱いてるのがやっとだったよ」などと抜かす。

 そして行方不明になった父親の捜索を開始。

 一方、タマミは葉子を地下室へと呼び出し、そこで西洋甲冑(かっちゅう)を見せてくる。

 「ごらん。おとうさまはこの中よ!

 そう言うとタマミは巨大なノコギリを持ち出した。

 「ずいぶん、私のことをいじめたわね

 「おまえがくるまではみじめだったけどしあわせだった。それがおまえがきてからというもの、おまえの姿を見せつけられて、どんなつらい思いをしたか

 「こんな気持ち、おまえなんかにわかるもんか

 タマミはノコギリをかまえた

葉子が来るまでは、母親と平和に暮らしてたんだよね。

葉子が来たせいで、コンプレックスは刺激されるわ、父親から目の敵にされるわで大変だったんだ。

あと高也の、掌(てのひら)返しがひどい。

「タマミは悪い子でした」

 その時、高也が現れる

 「タマミ、この目ではっきりきみの本性を見たぞ

 「きみは心まで醜いのか、それじゃきらわれてもしかたがないっ、ぼくは大きらいだ

 追い詰められたタマミは葉子を盾にして屋外へと逃げる。そして笑い声をあげた。

 「もうおしまいだわ

 そう言って取り出したのは、硫酸(りゅうさん)の入ったビン。これで葉子を殺害した後、自分も死ぬのだという。

 そして硫酸を葉子にかけようと、ビンを高くかかげた。

 その時、高也が持っていたロープがビンに当たって破損。ビンの中身がタマミに注ぎ落ちた。

 硫酸を全身に浴び、ボロボロの身体になったタマミ。

 駆けつけた母親が心配そうに彼女を抱くと、タマミは最期の言葉を口にする

 「タマミは悪い子でした

タマミが救われない…。

実写映画化もされた

 今作は2008年に実写映画化されています

 監督・山口雄大さん、葉子役には水沢奈子さんが起用。

 ほかにも野口五郎さんや浅野温子さん、斎藤工さんが出演するなど、なかなか豪勢なメンツ。

 内容は原作をもとにしつつ、大幅な改変が加えられています

 ちなみにR-15指定

感想:怪物を演じきったタマミの結末

 タマミは作中で二つの顔を見せます

 一つは怪物の顔。

 葉子に嫌がらせを繰り返し、父親や医師を殺害しようとする悪役としての顔。

 二つ目は純真可憐な女の子としての顔。

 作中で彼女は何度も涙を流しています。おしゃれなドレスをまとい、化粧をほどこすも鏡に映った醜い自分の容姿を見た時。

 「とてもかわいい」と言ってくれた高也が、自分のいない所では、醜い容姿を蔑(さげす)んでいた時。

 最終盤で彼女が母親に言った懺悔(ざんげ)を聞くに、純真可憐な女の子というのが正体なのかもしれません。

 一方、自分の容姿が原因で涙を流した後、彼女は決まって悪事を加速させます。

 可愛い女の子になろうとしても、周囲の人間は「醜い醜い」と彼女に繰り返し言ってくる。

 ”だったら、醜い容姿にあった振る舞いをしてやろうじゃない!

 なんていう彼女なりの意地があったのかもしれません。

 そしてその結末は、これまでのツケを支払うというもの

 母親の庇護下で、ひっそりと暮らしていた時には人畜無害だったことを思うと、なんとも不憫な気持ちになります。

まとめ:怪物なだけじゃない、可憐な正体が魅力の敵役

 以上、楳図かずお先生の赤ん坊少女でした

 両親と生き別れた葉子が実家に引き取られ、赤ん坊の姿をした姉・タマミと出会う。タマミはあの手この手で、美しい容姿をした葉子をいじめてくる。

 しかし、容姿にコンプレックスを持つタマミも、周囲から醜いと蔑まれて傷ついていた。

 楳図先生いわく

 「お化けの立場にたって物語を見ていった最初の作品

 暴力的怪物なだけじゃないタマミが、魅力的な作品でした

単行本は「赤んぼ少女」と「赤んぼう少女」があるね。

何度か改題しているんだ。ほかにも「のろいの館」っていうタイトルでも出しているよ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました