【凍原<ツンドラ>・楳図かずお】犯人はお前だっ!?

※当サイトはアフィリエイト広告を利用しています

ホラー・サスペンス

 平和な日常が突如崩壊する。身内のせいで。気になりませんか?

 楳図かずお先生の凍原<ツンドラ>は、そんなサスペンスなお話

 主人公・妻は家族とともに平和な日常を過ごしてきました。

 ところがある日、自宅に悪漢(あっかん)が押し入り、平和な日常にひびが入ります。

 幸い、妻はたくましく、悪漢を撃退して自宅から追い出します。そこで妻は思います。

 「あれ、今の夫じゃね?

 果たして平和な日常は戻ってくるのでしょうか?

面白かったところ
  • 日常を守ろうとする妻が非常にたくましい
  • まじめでおとなしいハズの夫の裏側がヤヴァイ?
  • ラストに味がある
イマイチだったところ
  • 事件の真相が明かされない(だがそこがいい
  • コマ割りが少し細かい

おだやかな日々

 今作の主人公・妻は夫と息子の三人暮らし。夫はやたらガタイが良いが、性格はまじめでおとなしい。息子は東京の大学に通っている。妻いわく

 「わたしの今までの歩んだ道は平凡で、おだやかな毎日だった。」

 この日も出勤する夫を見送った後は、趣味の編み物をしていた。

 「これからもおなじ毎日が続くことでしょう。」

編み物が好きなのは毎日の生活と、糸目の一つ一つが似ているかららしいよ。

編み物にシンパシーを感じてるんだね。

でもね、人生って何があるかわからないんだよ

崩れ去る平凡

 日が沈んだころ、「リーン、リリーン」と玄関のベルがクセのある鳴り方をする。妻はいつも通りの夫の鳴らし方だと言って、玄関へお出迎え

 が、そこにいたのは目出し帽をかぶった大男。そしてそのまま家の中に上がり込んで来るや、妻はダッシュで電話台へ駆け寄り110番をダイヤル。

 「あっ!!

 それを見た大男は電話をはたき落とし、妻の腕をわしづかみにする。妻は鬼気迫る顔でそれを振りほどき、寝室へ逃れる

 そして寝室でバトル開始。さすがに分が悪く、大声で叫ぼうとするも口を手で押さえられてしまう。

 しかし、妻は強かった。口を押さえていた手にガブっと嚙(か)みつき、そのまま相手の小指を食いちぎってしまう。食いちぎった小指をその場で吐き出す妻。

 一方の大男も、これにはまいってしまい「ギャア」と叫び声をあげて、そのまま玄関から外へ逃亡する

 危機は去ったかに思われたが…

平和が秒で崩れてしまった…

通り魔とかね、不運だったね

不運ってレベルじゃねーぞ!

どうしてこうなった…

 しばし呆然とする妻。ハッと正気を取り戻しての第一声

 「もうすぐ夫が帰るわ。こんなことがあったなんて知られたくない。」

 妻は急いでヨレヨレになった服を着替え、ちぎれた小指を回収。血痕をふき取り、倒れた電話台をもとの位置に戻す。

 と、「リーン、リリーン。」玄関のベルがクセのある鳴り方をする。帰ってきたのは、夫。安心した表情で出迎える妻

 一方、夫の様子がおかしい。顔が真っ青で、屋内に入っても上着を脱がない。そして右手をひたすらポケットに突っ込んでいる。それを見てハッとする妻

 「まさかそんなバカげたことが!

 体調が悪いという夫は深夜になってもウーンウーンとうなされている。

 一方の妻も、大男の正体は夫なのではないかと眠れぬ夜を過ごしていた。

 「神さま、これは全部想像でありますように!あすになれば、何もかも、もとにもどって想像であったと思うことができますように!!

 翌日、憔悴(しょうすい)した妻の前に、それ以上に憔悴した夫が現れる。そして医者に診てもらうと言って家を出る。気になった妻はそれを尾行。

 しかし、夫は病院や薬局とは別の方向へと向かう。そして電車の踏切の前で立ち止まる

 遠くから電車がやってくる。どんどん近づいてくる

 と、夫は突如倒れこみ、右手を線路の上に置いた…

夫が犯人だったの?

真相は不明。明かされることはないよ

んほぁー!

まとめ

 以上、楳図かずお先生の凍原<ツンドラ>でした。

 日常を愛し、これからもそれが続くと思っていた妻

 しかし、それは悪漢の襲撃を受けて秒で粉砕それでも平和な日常に軌道修正を試みるも、今度は夫の様子がおかしい。「ただの想像でありますように。明日になれば元通りの日常に戻っていますように。」

 そんな願いもむなしく、翌日を迎えてしまい…。

 最後まで悪漢の正体は明かされずじまいになります。そして夫が最後に取った行動の理由も不明

 全部、妻の想像に過ぎなかったのかもしれませんし、夫が思うところあっての犯行なのかもしれませんし…

 「秘すれば華

 ここが本作一番の魅力なのかもしれません

ツンドラってのは表面の氷は溶けても、地中は凍ったままなんだよ。



コメント

タイトルとURLをコピーしました